忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんにちは、久しぶりのブログ更新です!

ってわけで先日、ENJOY!SPORT BIKE 2012 フジ55 in 富士スピードウェイに参加してきました。
選択コースは1周4.5kmのコースを1人で35周する160kmソロ。

自分としては初のサーキットでのレース参加ということで走りきれるのか、落車しないかと緊張していましたが、
トラブルに見舞われながらも、なんとか無事完走できました。タイムは散々でしたが。。。

文才がないので、以下、スタート時からの箇条書きです。

-start!-
スタート時、GARMINのスタートボタンが押せたつもりで押せてなかった。汗
1周目は追い越し禁止だからもっとゆっくり走るものだと思っていたのに、意外と速くてびびる。
2周した時点でGARMINのスタート忘れに気づき、ボタンを押す。
いきなり落車する人が続出でさらにびびる。

3周目くらいから前輪に違和感を感じ、それがだんだん大きくなる。
5周した時点で明らかにパンクしてきたので、ピットイン。
一気に抜けたのではなく、ゆっくりパンクしたので原因を調べるもわからず。
とりあえずチューブを交換して走行開始。ここで30分ほどロス。汗

その後、最初は調子よかったが、9周した時点でまたもやパンク。汗
ピットまで1kmくらいだったのでゆっくり走りながらピットへ。
もう自分で修理するのは時間もかかるし、再再発も嫌だったのでメカサポートのピットへ行き、パンク修理を頼む。
前に二人ほど並んでいたが、いざ作業を開始すると10分とかからずチューブ交換と、入念なチェックまでやっていただけた。さすがプロ!
ここでさらに25分ほどロスしたものの、再度走行開始。

以後、雨が降り出しずぶぬれになりながらも、順調に周回を重ねる。
軽くしようと思ってボトルを1本しか所持しなかったので、6周走ってはピットでボトル補給&パワージェル飲むを繰り返す。

途中、LAPボタンを押したつもりが、STOPボタンを押してしまっていて、1周分記録不明になる。汗
残り5周まで来たところで、今度は変速の拍子にチェーンが外れる。汗
ホームストレート中だったので、注意しながら左へより、急いでチェーンをはめなおし再度走行。

疲れてだんだん周回タイムが落ちてきたものの、無事ゴール!
-Goal!-

はい、こんな感じでした。
ちなみに周回タイムは最速が11周目の7:19、最遅が30週目の9:59でした。(パンクした周、計測忘れの周を除く。)
今回が初めてのサーキットのレースだったんですが、不慣れなのとトラブルで反省点が多い結果に終わりました。。。

というわけで、今回学んだこと。
1.ピットに入るとかなりタイムロスするので、ボトルは最低ダブルボトル(出来ればクアッド)にし、ピットイン回数を減らす。
2.補給食は走行中食べるのはまだ自分的には難しそうなので、パワージェルはボトルに混ぜておく。
3.マシントラブルを防ぐために、レース日直前でタイヤ交換等したりしない。(今回そのときの失敗?でパンクしたと思われる。)
4.ラインの取り方や、サーキットレースでのマナーをもっとしっかり覚え、さらにはそれをちゃんと実行できるようにする。

8月にはまたつくば10耐にも出る予定なので、これらを踏まえてまたがんばりたいと思います!

最後に。。。
このレースで落車し、亡くなった人が出ました。ご冥福をお祈りします。
自分も、改めて危険なスポーツをやっているのだと自覚し、今後気をつけていきたいとおもいます。

以下画像。

当日用意したものの一部。水は現地で買うのではなく、用意していくべきだったか。


ピット。参加者が多く、かなり混雑していた。


スタート待ち。


GARMINの記録より。無駄な時間が多すぎ。汗
PR
久々のブログ更新ですみません!

去る2012年4月15日、ツールド八ヶ岳に参戦してきました。

前日に現地入りして事前登録をしたんですが、現地の天候は雪!
ハーフコースのゴール地点のスキー場より上の道路はスタッドレスタイヤでないと上れないくらい雪が積もっていました。

前日受付中、降りしきる雪。↑

幸いレース当日は晴れ予報だったため、雪がやんだ深夜以降、スタッフや地元の方が懸命に除雪作業を行って下さったようなのですが、残念ながら今回は全員がハーフコースでの開催となってしまいました。

ハーフになったとはいえ、生まれてはじめてのレースということで、スタートまでかなり緊張していたのですが、いざ走り出してみると緊張もほぐれ、いい感じに走り出せました。

スタート待ち。昨日の天気が嘘のよう。↑

途中の水分や栄養補給もなんとかこなし、パワー切れになることもなくゴールまで完走!

ゴール地点↑

結果のタイムは1:02:08。フルコースで2時間切りが目標だったので、なんとか目標は達成できたといえそうです。
(でもやっぱり1時間切りたかった。。。)
ちなみにこのタイム、バイシクル21杯(体重75kg以上のヘビー級)で真ん中くらい、同年代の男子Cで見ると下位四分の一くらい。体重的(81kg)にはまずまずなのかもしれませんが、まだまだ修行が足りないなぁと感じました。

というわけで、来年ももちろん参加します。
目標タイムは大きく(いや、短く?)ハーフ地点まで10分短縮の52分切り!

目標達成に向け、これからもトレーニングと減量に励みたいと思います!
2月も末になり、たまに少し暖かい日も出てきましたが、寒い日が続きます。

冬のサイクリングでは寒さ対策が必須ですが、特に手先、足先はしっかり対策しないと、凍傷になっちゃうんじゃないかと思うくらい冷えますよね。汗

おれの場合、手はインナー手袋と冬用グローブを重ねることで十分対策出来たんですが、足先の冷えには参ってました。
ロード用シューズは通気性がいいうえに、走行中は常に風にさらされるのでますます冷え冷え。

シューズカバーをつければいのかもしれませんが、くるぶしまで覆うタイプは付け外しが面倒で時間がかかるうえに、効果もそこまでは期待できなそう。(革靴で自転車漕いでも冷えるので、覆いが増えるだけじゃ大差ない?)

そんなわけで、ないよりはましかと一度つければ外さなくてもぬぎ履き出来る、トゥカバーだけつけてみたんですが、ほんとにないよりはまし程度か、それ以下。汗

ってわけで、どうしようか考えた結果、これを使うことにしました。


靴用使い捨てカイロ!

実際使ってみた結果、効果は絶大!
トゥカバーと組み合わせるだけで、足先の冷えはかなり軽減されました。
あくまでもおれの場合ですが、0℃くらいまでなら長時間サイクリングでも大丈夫。
(というか0℃以下で長時間サイクリングの経験なかったり。)
さらに、旅先でシューズをぬがないといけない時もすばやく脱ぎ履き出来るという利点もあります。
ドラッグストアで一足あたり数十円とこストもほとんどかからず、重量増もシューズカバーを付けると思えば無視出来る重さかと。

足先の冷えで困ってる方、是非一度試してみてください!


こん○○は!最近は4月のレースに向けて毎週末遠出をしてるどんです。今週末はしばらくぶりに坂らしい坂へ。
コースは甲武トンネルと大垂水峠の二本立て。両方とも距離や斜度はたいしたことないんですが、二本立てで言ってきました。
そして今回は古い友人のTaQくんと一緒に上ってきました。^^

まずは20号を走り日野橋交差点にて待ち合わせ。
DSC01348.jpg
10:12
10時待ち合わせだったんですが、出発が遅れてしまい、10分ちょっと遅刻していましました。汗
そこからは多摩方面マスターのTaQくんの道案内にて五日市方面に向かい、桧原街道へ。

DSC01350.jpg
11:45
途中かっこええ橋があったので走りながら撮影した画像。
アーチ型の物体で橋を支えてるみたいです。形状的にバブル時期に作られたのかな?
ちなみに前方を走るのがTaQくんです。

DSC01352.jpg
11:49
途中にあった電光掲示板。どうやら風張峠は先日の降雪の影響で通行止めのようです。
まぁ、今日も天気よかったし、明日か明後日には通れるようになるのかな?

DSC01353.jpg
12:23
その後も順調に進み、上川乗交差点を左折し甲武トンネル方面へ。

DSC01359.jpg
12:51
一つ目の峠なのでゆっくり目のペースでのぼり、甲武トンネル出口へ。
途中の路面は凍っているところはなかったですが、路肩の日陰部分にはまだだいぶ雪が残っていました。
ここからは下り基調で相模湖方面へ向かいます。

DSC01369.jpg
13:40くらい?
相模湖近辺まで来たところでちょい遅めの昼飯。
今回はたまたま見かけた、福龍という中華定食屋さんに入ってみました。
入るまでは、どうかなー、おいしいかな?と思ってたんですが、、、

DSC01366.jpg
13:56
これがなかなかいいお店でした。
ちなみにこれはかつライス。画像だとわかりづらいですが、かつはかなり大きく、ご飯も大盛りな感じ。
味も肉汁あふれるジューシーな感じで、かなかいい感じでした。^^
TaQくんの頼んでいたから揚げ定食もかなりの大ボリュームでした。
かつライスは1000円、から揚げ定食は1100円と安くはないですが、味と量、場所を考えるとなかなかGood!
奥多摩方面のサイクリングのときは、また立ち寄りたいと思いました。

飯を食った後は14:20くらいに出発し、大垂水峠へ。(この後は画像なしです。。。)
大垂水峠はお互い本気モードで登坂!
結果は15分くらい。TaQくんにはすんでの差で追いつけませんでした。。。
ちなみにこの峠のタイム
http://wada-climb.s184.xrea.com/abouthill.php?hill=10
こちらのサイトを参考にして計ってみたんですが、ランキングに乗せている人はみんな10分台前半以下。
トップの人にいたっては8分台です。汗
5%程度の坂とはいえ、平均で25km/h近く出るなんて、俺には夢のまた夢。。。
とりあえず、次回チャレンジ時には、14分を目指します!

大垂水峠を越えた後は20号沿いに走り、途中TaQくんと分かれ、帰宅しました。

123.jpg
こちらが今回のルート。
一人で走るのもマイペース&ストイックな感じでいいですが、やはり人と走るといろいろと刺激があっていいですね!
後ろにつけば楽だけど、相手のペースに合わせてついつい頑張っちゃう!ってところもあるし。
またいろんな人と一緒に走ってみたいと思った一日でした。^^

距離: 148.21 km
タイム: 6:25:05
平均スピード: 23.1 km/h
高度上昇値: 1,145 m
カロリー: 3,338 C
平均気温: 7.9 °C
Elapsed Time: 9:05:07
最高速: 57.1 km/h
MaxElevation: 648 m
平均心拍: 142 bpm
最高心拍: 189 bpm
平均バイクケイデンス: 86 rpm
先週の金曜日、休みを取って銚子までサイクリングに行ってきました。
天気も良かったし風も弱かったし、いいサイクリングだったんですが、最後に災難が。。。←詳細は最後に


行きのルートは、まずは都心を避けて自宅から北東方面に向かい、国道6号を通って利根川にぶつかったらひたすらサイクリングロードをくだり、銚子にいたるルートです。ルートラボにあったルートを参考にしました。^^

出発は午前7時20分。6時には出たかったのに、相変わらずだらだらして遅くなりました。笑

出発したのはいいのですが、国道6号にでるまでは信号が多かったり、朝の通勤渋滞だったりで平均時速がなかなか出ず。汗

そうこうしているうちに時間はどんどん過ぎ、利根川のサイクリングロードに入ったのは出発から2時間半以上経った10時過ぎ。
道沿いには河口までの距離の標識があり、残り86kmの表示。
ここまでが約50kmなので今までの倍近くあるのかー、昼飯といえる時間にたどり着けるんだろうかと心配に。汗
まぁ、仕方ないのでとにかく走りはじめました!

DSC01246.jpg
10時28分。残り76km地点。
こんな道が延々と続きます。

DSC01252.jpg
11時21分。やっと残り50km。
ずっとサイクリングロードを行けるかと思いきや、一部車道を走らないといけない場所もありました。(工事中だったり、そもそも整備されてない?所も。)

DSC01253.jpg
11時54分、道の駅 水の郷さわらに到着。休憩がてらおにぎりと唐揚げを食す。
ゆで落花生を買って帰りたかったけど、荷物が増えちゃうので我慢しました。笑

DSC01256.jpg
13時8分。海まで残り19km!
ただ、サイクリングロードはこの先に見える橋までで終わりみたい?でした。

DSC01262.jpg
13時27分。国道に入ってからは残り距離の標識はないだろうと思ったけど、車道沿いにもありました。
ただ、見かけたのはこの残り12.5km表示くらいが最後。この後もどこかにあったのかな?

DSC01263.jpg
ついに銚子駅に到着!時刻は14時ちょうど。
利根川沿いはほぼサイクリングロード走行だったので信号待ちもあまりなく、なんとか昼飯?といえる時間に着きました。笑

DSC01264.jpg
利根川の河口も無事に見られました。
にしても、河口付近はかもめがすごい数。おそらく万単位で生息してるんじゃないでしょうか。

DSC01272.jpg
↑水浴び?をしているかもめの群れ。ここに移ってるだけでも1000羽はいそう。

んでもって、昼飯はどこで食べようか迷ったのですが、↓の
DSC01271.jpg
ウオッセ21で食べることにしました。ちなみに後ろに見えるのは銚子名物?ポートタワー。

DSC01268.jpg
食べたものはまぐろなかおち丼!1050円なり。
さすが銚子だけあってうまかったです。^^

続いて訪れたのは、、、
DSC01274.jpg
これまた定番の犬吠埼。せっかくなので200円払って灯台にも登ってみました。

DSC01325.jpg
灯台にはエレベーターはないので、上までは99段のせまーい螺旋階段で。

DSC01302.jpg
光るところまでは登れないんですが、隙間から撮影。
腕くらいある電球2個(1個は予備?)と、3m近くある巨大なレンズが見えました。
電球の消費電力はイメージより意外と低くて、400W。
電球よりも、このレンズ一式を回転させる装置のほうがよっぽど電気食ってそうでした。

DSC01307.jpg
灯台からみた風景。奥には犬吠埼マリンパークが見えます。

DSC01310.jpg
灯台から見た風景2。
走ってるときも結構見かけるなぁと思ってたんですが、銚子市は風力発電機が多い!
画像を等倍表示していただければわかると思うんですが、数十機はありそうです。
俺が行った時はほとんど回っていなかったんですが、普段は風が強いんですかねー。

DSC01327.jpg
灯台の根元には日時計がおいてありました。
これを撮影した時刻は15時50分。表示も16時前くらいを指していて、けっこう正しいんだなーと感心しました。
というわけで時刻的にそろそろ帰路につくことにしました。

さすがにこのまま自宅まで自走すると夜道を延々と走らないといけなくなるので、ある程度走って暗くなったら輪行で帰ることに。&同じ方面に走ってもなんなので、九十九里方面へ。

DSC01329.jpg
海岸沿いからはきれいな夕日が拝めました。

途中旭市を過ぎたあたりで日が落ちてしまったんですが、せっかくだから成東まで走ってそこから輪行使用と思ってた矢先、事件が起こりました。。。。汗

DSC01335.jpg
パンクです。
あー、やっちゃったか!しょうがないなと思い、街灯で比較的明るいところで修理しようと思い状況を確認したところ、なんと、タイヤまでざっくり裂ける致命的なパンク。汗

DSC01340.jpg
(↑後日撮影)
夜道だったせいもあってか、気づかなかったんですが、大きなガラス片でも踏んでしまったようです。。。

これではチューブ交換しても隙間からはみ出してしまうので対応不可。もちろん予備のタイヤなんて持ってません。
一瞬途方にくれたんですが、ここで以前ネットサーフィンしていたときに見た、タイヤが裂けたときの応急処置法を思い出しました。
確か、ガムテープや古タイヤ片を裂けたところにあてがってやれば、なんとか自走できるんだったような。。。
しかし、もちろんガムテープやタイヤ片も持ちあわせていません。
ただ、パンク修理用のパッチならある。。。強度は劣るかもしれないけど、これでタイヤの裂けた部分をふさげば、短距離ならなんとか走れるかも・・・

ものは試し!ということで、とにかく修理してみることにしました。

DSC01339.jpg
(↑後日撮影)
タイヤに開いた裂け目を内側からパッチでふさぎ、後は普通にチューブ交換。
そして空気圧はかなり低め(2気圧ないくらい)に。。。

DSC01338.jpg
(↑後日撮影)
修理場所はちょっともっこりしてますが、試しに乗ってみると、、、おぉ、ゆっくりならなんとか走れそう!
ということで、最寄の横芝駅までの数キロを時速15kmくらいでなんとか自走し、時間は少々遅くなったものの、無事に帰ることが出来ました。(後で調べたら飯倉駅のほうが近かったけど。爆)
以上、貴重な経験でした。

232.jpg
こちらが今回の走行ルート。

今回は2回目のパンク経験だったんですが、こういうタイプのパンクも良くあることなんでしょうか?(たいして貴重な経験でもない?)
にしても、いやー、持ってて良かったゴムパッチ。予備チューブがあるし必要ないかと思ってたんですが、もしもの複数回パンクに備えていたのが、こういうことで役に立つとは。。。
んでも今後はさらに念のために、古タイヤ片も持ち歩こうと思います!
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新CM
[07/03 ユキ]
[04/18 どん]
[04/17 an]
[03/02 どん]
[02/23 TaQ]
最新TB
プロフィール
HN:
どん
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) 日々のんびり All Rights Reserved